専業主婦

2018年02月04日

心と指

昨日のこと。


固いカボチャを切ってた時に

包丁が誤って滑ってしまい

うわっってなった瞬間

刃で右手の中指を

深く切ってしまいました


血が

どんどん出てきて

止まらなくて



その時

子供たちも

旦那さんも留守だったから

1人でもうアタフタ、アタフタ



専業主婦って

こういう時困るんですよね。


1人きりの時に

急に倒れるかもしれないし

転ぶかもしれない。


もしも動けなくなった時は

誰かが帰宅するまで

気付いてもらえないんだもん



慣れない左手で

焦りながら

絆創膏を巻いても、巻いても

血だらけで真っ赤に。



痛みも酷くなってきたけど

とりあえず流血を止めたくて

要らない厚めの布を

グルグル左手でまき

輪ゴムで止めた。




流石に

自分の失態に落ち込み

料理するのも

嫌になって

投げやり状態になりました。



そんな時に旦那さんが

重いお米を買って帰ってきてくれて


どうした大丈夫かって


その後の食事の用意や

洗い物や片付けまで

俺がやるから座っててって。



帰ってきた子供たちとも

手分けしてくれたから

すごく助かりました



絆創膏も

ちゃんと貼ってくれたり

包帯も出してきて

巻いてくれたりも。

でも

旦那さんも全然下手で

傷口じゃないところ

巻いたりしてて


なんでそこ巻きますのって

2人で思わず大笑い。



今回だけじゃなく

今までも何度もだけど

気弱になった時にこそ

彼の存在が大きく感じて

心強くも感じて

いつまでも、どんなときも

傍にいてほしいって願うように

なりました


いつも私を助けてくれて

ほんとありがとう




旦那さんだって

会社で疲れてるはずなのに

家のことまで

いろいろやらせちゃってごめんね。



心配もさせちゃったね




こんなドジでマヌケな嫁で

ほんとごめんなさい




心と

指が

ジンジン

痛い・・・















ka23i at 13:03|PermalinkComments(0)

2017年12月20日

初めまして☆

ブログ初投稿で緊張してます☆  


佳つ美と申します


あと数年で

「銀婚式」を迎える専業主婦です



6才年下の彼と結ばれて

かれこれ20数年・・・ 

 

早いなぁ。(笑)



子供は2人授かり

成人に向けて

子育てラストスパートを迎えてます。



親子関係も、夫婦関係も

落ち着いてきた今だからこそ

やっとイッパシの

本物の夫婦になれたんじゃないかって

確信しています


結婚ってスルメみたいだなって思ったり・・・


噛めば噛むほど

美味しい味が出る・・・みたいな(笑)


一緒にいろんな苦楽を噛みしめて

2人で乗り越えながら

長く歩めば歩むほど

お互いの人間味にじっくり触れられて・・・

だからこそ

こうして20年以上も

幸せを味わえて

続いてこれたのだと感じてます。


この人と結ばれて

本当に良かったって

何度も・・・今でも、つくづく思ってます。



新婚時代より

この赤い糸のご縁に

とても感謝している50代




日常の中で

私なりの小さな幸せやお惚気(笑)

妻の一途な気持ちなど、

添い遂げるまで続く長~い夫婦恋愛を

明るく書きとめていきたいです。


婚姻率は下がり

離婚率は上昇している世の中


仮面夫婦も多いとよく耳にするので

このブログを通して

恋っていいなぁ、

結婚っていいなぁ、

本物の夫婦っていいなぁ、

本物の愛っていいなぁって

思ってもらえたら・・・

一時でも楽しんでもらえたら

嬉しいです 




旦那さんは

どんなに仕事が大変でも

子育てや私のことを第一に、

家庭を一番大切に、

家族を幸せにしてくれてて

ほんとに感謝してます。



それに比べて私は

彼のことよりも

2人の子供たち優先の、

ドタバタの子育てに必死になってしまってて

冷たくあたった時もあったのに・・・



やっと子供達とは親離れ、子離れの時期になり

これからは、遅ればせながら

家族のために働いてくれてる旦那さんに

精一杯恩返ししていきたいなって

思ってます・・・


そして

彼の隣で幸せを感じながら

誰よりも「一生お花畑な嫁」でいたいです。(笑)




たまには愚痴もあると思いますが


どうぞよろしくお願いします










ka23i at 08:36|PermalinkComments(6)