双子がうまれて

激しいきょうだい喧嘩を見たことが

何度もあります。



成長するにしたがって

思春期や

反抗期の子供たちと旦那さんとの

激しい親子喧嘩を見た日も

何度もあります。


もちろん私も

子供たちとのいざこざや、

その八つ当たりを彼にして

夫婦喧嘩になってしまったり・・・


自分の時との思春期の違いに

戸惑ったり悩んだり。


1、2年前までの我が家は

実は

家族全員が喧嘩だらけの日々で

荒れていた。


きょうだい喧嘩に

親子喧嘩に

夫婦喧嘩。


ほんと苦しい時期でした・・・


私ね、あまりにも辛すぎて

家出しようとさえ

考えたこともあるんですよ。


もちろん

しなくて良かったって思ってますけどね。(笑)



喧嘩って

私にとっては

するよりも見てるほうが

悲しい・・・



愛する子供と

愛する旦那さんとの言い争い・・・


自分の愛する人同士の喧嘩が

見ててめっちゃしんどかった。


喧嘩するために・・・

反抗されてまでして

なんで

子供を育てなくちゃいけないんだろう?

なんて思ったこともありました。



そんな時期もあったけど

夫婦で

自分達の10代の頃の反抗期を

思い出したり、笑いあったりして

耐えてた。


これが正常な成長なんだから

喜ばなくちゃと

励まし合いながら。


子育てを通して

いろんな壁を

家族で乗り越えるたびに絆も深まって

今では仲良し親子、

仲良しきょうだい、

仲良し夫婦、

そして

笑い声が絶えない

自慢の仲良し家族、になれました。



我が家の子供たちは

父親のことを凄く尊敬しています。


いつだったか

旦那さんがいない時に

ボソッと私にだけに

そんなことを言ってくれたことが

ありました。


嬉しかったなぁ。(笑)

私と子供達が

同じ想いだとわかったし


彼の存在のおかげで

家族がまとまってるようにも感じて。


そんなふうに

自然に子供達が成長してくれてることにも

感動した。



子供の目って

やっぱり正直だもの。



私一人じゃ掴めなかった幸せ。


この人と結婚して

ほんと良かったって、

つくづく思うようにもなった。


惚れ直すって

こういうことなのかな。(笑)


でも彼は

家族からまさか尊敬されてるなんて

これっぽっちもまだ知らないはず・・・



知ったら調子乗っちゃうと思うから、

私からはまだまだ教えなぁい。(笑)