ウチの旦那さんは

「逆流性食道炎」です


若い頃から

胃のムカつきはあったようですが

結婚後から始めた健康診断の、

バリウムではなく胃カメラ検査で

炎症がわかりました。


特に朝食は

逆流しやすいようで


ご飯もパンもダメ・・・


牛乳とフルグラとか、

果物とか、

スムージーなど

まるでモデルさんみたいな、(笑)

田舎者の私からしたらオシャレな

食事を摂るようになりました。


おかげさまで

昔よりは逆流も落ち着いてるようで

毎年恒例の胃検診も

異常なしで嬉しいです。


でもこれからも油断は禁物!


気をつけていかなければと

思ってます。




そして彼は

「睡眠時無呼吸症候群」でもあります。


これも結婚後数年してから

子供の夜泣きで私が起きた時に

気付きました。


いやぁ~、流石にショックでした

だって息が止まってるんですもの


最初は暗闇の中、

何が起きてるのかわからず

どうしたらいいのかもわからなくて・・・


数十秒後には

元の呼吸に戻り

また普通に寝息をたてて

寝てるんですよね・・・



次の朝に

すぐに彼に伝えると

本人もビックリ状態


睡眠中のことなので

本人が全然わからないのは

仕方のないことなのかと


それからは

息が止まってる秒数や

回数も調べようとしたときも・・・



でも私も夜中は眠くて

なかなか


彼がお医者さんに相談したら

顎が小さい人に多い症状のよう。


旦那さんは肥満でもないし

いびきも酷くなく

寝息という感じ。


結局は

仰向けで寝ない様に注意して

様子を見ていく状態です・・・


こちらも

今後も要注意なので

気をつけていこうと思ってます



結婚前には

全然気が付かなかった彼の体のこと



年に一度の健康診断よりも

毎日一番近くにいる配偶者が

異常に気づいてあげるのが

何よりもの

早期発見なんだと思います。



とっても心配だし

とってもとっても不安なんですけどね


何よりも合併症が怖いんですから。


これからもより一層気を引き締めて

彼のために

戦っていく覚悟です。