2018年02月06日

最期の夢

永遠の深い眠りにつく順番は

年の順がやっぱり理想です。


なので我が家では

一番年上である

私からになります。



それが一番幸せなことであり

結婚した時から

覚悟してることでもあります



6才年下の旦那さんに

看取られることが

私の最大の夢。


この先も変わることは

ありません。



もしも万が一

順番が狂い

彼に取り残されたりしたら・・・

彼無しでは

私は生きてはいけない


でも彼は私がいなくても

ちゃんとしっかり生きていける・・・


だから

私からの順番を

必ず守ってほしい。



年をとって

100才ぐらいになって

そろそろ心臓も

疲れちゃったかなって感じたとき

彼に傍にいてもらって

眠るのが理想です。




あなたのおかげで

とってもとっても幸せでしたと

お礼を伝えて

旦那さんに手を握られたまま

笑顔で眠りたい


胃腸系が弱くて心配な彼だけど

私よりも長生きしてもらって

看取ってほしい・・


それが

我が家で最初に逝く覚悟の私の

最期の夢です










ka23i at 12:29│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by    2018年02月07日 21:30
こんばんわ。そして、お疲れ様です。
うちも、同じような話を時々します。
偶然にも一緒で、うちは家内が4つ上です。
ただ、うちの場合は、自分が先に眠ることを望んでいるんだけど。
家内ははっきりそれを肯定しないものの。
「あなたは私が先に逝っても上手く生きていける」と話します。
本当は一緒に旅立てるのがいいねって、最後は笑って話します。
一緒に旅立てない代わりに一緒に御朱印帳を持ち、その都度御朱印をもらってます。
一緒に旅立てなくても、それをもって、あの世に行き、来世も一緒にいようと話したりしてます
2. Posted by 桂つ美より蓮さんへ☆   2018年02月08日 02:23

こんばんわ
っあ、御朱印帳いいですね~。
すごく素敵です!

女性のほうが寿命が長いっていうけど
どうなんでしょうね(笑)

私も来世もぜひ一緒にいたいです。(^o^)
でも以前、そういう話をしたら
彼は嫌がっていましたけど。(笑)
惚れなおしてもらえるように
頑張りまぁす。(๑'ᴗ'๑)

ご訪問とコメントありがとうございました。


桂つ美

コメントする

名前
URL
 
  絵文字