2018年01月28日

覚悟以上の辛さにすすり泣き

子供たちとの

初めての共同作業は

出産でした



陣痛に耐えながら

母子にしかわからない波を

ピッタリ合わせて

やっと1人目を無事産み終えた・・・



っと、普通の出産はこれで終わるはず。



でも私の場合は

ホッとする間も

休む暇もなく

2人目の陣痛がすぐに始まった・・・


これがですね

覚悟以上に辛かったんですよね



ほんと苦しかった・・・
 


1人産んで弱ってる体に

ムチを打たれてるような感じで。

まさに体が悲鳴を上げてた。


「もう体力の限界」の状態でした


もっと朝ごはんを

しっかり食べておけば良かったかな(笑)



でも

帝王切開でも、

無痛分娩でもなく

自然分娩を望んだのは

紛れもなく自分


やり遂げたかった・・・

彼との愛の結晶を

後世に残したかった。

せっかく女性に生まれてきたんだから

「産む」ということを体験してみたかった。



先生や

助産師さんに励まされながら・・・


懸命に産まれようとしてくる赤ちゃんと

息を合わせて

ほんとに最後の最後のチカラを振り絞って

精一杯頑張りました



そして・・・

2人目誕生



少しの時間抱かせてもらってから

次々と新生児室へ。


2700gと

2800gの出産でした。




私はもう、ぐったり・・・


三つ子じゃなくて良かった・・・(笑)




会社にいる彼には

看護師さんが連絡してくれました



助産師さん「ご主人凄く

喜んでたそうですよ~」って


後から聞いた話では

この時会社で彼は

みんなから祝福されて

とっても嬉しかったそうです。

嬉しいやら、恥ずかしいやらって

言ってました。



1人での出産は心細かったけど

あんなに苦しんでる私の姿を

彼には絶対に見せたくなかったから

立会い出産にしなくてほんと良かったって

今でも思ってます




車椅子で個室の部屋に移動し

暫くはゆったりと

1人きり・・・



妊婦生活も終わった・・・

出産も無事終えた・・・


これでも

安産だそうで(笑)

めでたし、めでたし


これからが大変なんだけど

とりあえず今は休もう、と。



夜には

旦那さんが来てくれる・・・

早く彼に会いたくなった。




出産は

凄く苦しくて

めっちゃめちゃ辛かった・・・


その痛んだ気持ちと同時に

自分の底力に我ながらグッときた私は

ベッドの中で

思わず泣けてきた



号泣する体力はもう無くて

しくしく泣けた・・・



暫くは涙が止まらなかった。











コメントする

名前
URL
 
  絵文字