お腹の中の天使たちに会えるのが

夫婦の何よりの楽しみでした

私は胎動とか感じられるけど

彼は見守ることしかできなかったので

もどかしそうでした


辛いつわりで最初に4kg痩せたけど

胎児たちの順調な成長とともに

私の体重も12kgほど最後は増えていた・・・



旦那さんも

私のお腹が大きくなるほど

父親になる実感が

湧いてきたようでした



腹囲が1mを超えてからは

自分1人では靴下も履けなくなった


そりゃ2人も入ってるんですもんね

お腹がもうパンパン



そんな私に

旦那さんは

いつも靴下を履かせてくれたっけ。


彼の支えもあって

心配してた早産も

無事に乗り越えられ、

本格的な陣痛が始まったのは

妊娠39週目の朝・・・



いろんな分娩方法があるけれど

私は自然分娩を希望してました。


1人産むのも大変なのに

2人だとどれほど苦しいことなのかも

充分覚悟しての決断。


最初で最後の出産は

相当過酷なものになる・・・


それでも耐えてみせるって思ってた。





病院に電話すると

すぐに来て下さいとのこと


予定日が来週だったので

普通に会社に行ってた旦那さんにも連絡。


仕事中の彼は凄く心配そうだったけど

会社が終わったら

用意してある大荷物は

俺がすぐ持ってくから大丈夫だと・・・

陣痛で長話もできず

「うん、じゃぁ行ってくるね」と告げて切った。



とりあえず軽い荷物だけを持って

歩いて病院へ



待ちに待ったこの日。



歩きながらドキドキした・・・



お腹の中の天使たちに会える日が

いよいよ

やってきた