2018年01月06日

そして、ついに

彼から

サークルとは違う日に

数人でテニスをしませんか?

との連絡があり

休日に5、6人で

一日中汗を流して過ごした時がありました


試合したり、食事したりして

たっぷり遊んで

いっぱい笑ってから解散し

彼と私は同じ駅から帰るので

2人で歩き始めました。


駅につくと

「桂つ美さんに話しがあります」と。


改札口の静かな片すみで

立ち止まりました。



はい、何でしょう?



でも彼は

なかなか言い出せないようで。




5分ほど経過・・・



いつもとは明らかに違う雰囲気と

彼の真剣な表情。




10分ほど経過・・・




真面目な彼が重要な話をしようと

ありったけの勇気を

いろんなところから

かき集めてる状況なのが伝わってきました。



だから私も真剣に

1時間でも

2時間でも

待とうと決意しました


待つことしかできなかった・・・



私からは絶対に言えないようなことを

彼は言おうとしてる・・・?


2人の関係が

少し変わる予感がしました。



どのくらいの時間が

流れたんだろう




そして、ついに

意を決した彼から

なんと

愛の告白がありました



私の目をまっすぐに見つめながら

初めて言ってくれた

「好きです。」の言葉



聞いた瞬間思わず、

ほんと思わず私は

涙が溢れてきて

ぽろぽろ・・・


2人でビックリ。(笑)



彼の覚悟が

頼もしくて

感動してしまいました。



「結婚を前提に僕とつきあってください。」




彼らしい誠意ある告白・・・

6才の年の差の壁を越えた瞬間でした。


はい。よろしくお願いします



片思いから

両思いに進展した日。



やったぁ~~~~~(笑)



あと数年で「銀婚式」を迎える

私たち夫婦の原点ともいえる出来事・・・



出会いから

8ヶ月ほど過ぎた日の

永久保存の思い出です










コメントする

名前
URL
 
  絵文字