2018年01月05日

てっきり

誕生日が過ぎて

30才に生まれ変わった私は

清々しい気分で(笑)

仕事後スポーツ施設へ行きました。



・・・が、

彼の姿は

ありませんでした



会う約束は特にしなくても

確実に会えてた場所だったのに。




どうしたんだろう・・・



体調が悪いとか?



それとも

もしかして

デートだったりして・・・



 
彼に会えないと

こんなに淋しい気分になるんだって

初めて痛感しました。




楽しいテニスも

集中できずに

辛く感じてしまうほど




彼のいない人生なんて

もうありえへんっ



みんなの前では明るく振るまったけど

帰りの電車の中では

彼のことが心配で

ドッッット疲れが出てしまい

立ってるのもやっとでした



帰ってからも

心配は消えずにいたら

彼から着信あり。




やっと残業が終わって
今、帰る途中なんです。

って。



てっきり

誰かと

デートなんだろうなっていじけてた私は


「徹夜になるかもしれなかったから
終わって良かった~


っていう

彼の明るい声を聞いて

心底ホッとした・・・



私の人生には彼が必要になってるって

この時確信。(笑)

「電話してくれて嬉しい、

凄く心配してた」と

伝えました。


多分、彼も

私が心配してるとわかってたから

わざわざ帰る途中に

電話してくれたんだと思う。


その行動と言葉が嬉しかった・・・



変わらずに今でもそういう人だからこそ

ずっと傍で暮らせるんだと思います。



彼と一緒にいる空間が

心地いい・・・



それまでの恋は

いつも心が一方通行のようで

無理して不安を取り除こうとしてたっけ。



それが彼とめぐり会ってからは

無理しなくても心が通じ合えるんだと知り

そんな素のままの自分も好きになれたことを

幸せに感じられた



彼のことを愛しながら

自分自身のことも大切にできる関係が実って

嬉しかった




これからも

そう感じていたいと思ってます・・・



私は

旦那さんのことが

この年になっても

どんどん愛おしくなってます。



この年だからこそなのかも

しれないですけどね・・・



そして

これから先もそんな妻でいる自分を

好きでいたいです












2018年01月04日

もうやめよう

30才の誕生日を祝ってもらって

駅で解散するときに

「今日は本当にありがとうございました。

ご馳走さまでした。」

とびっきりの笑顔で感謝しました。(笑)

お礼に

彼の誕生日の時は私に任せてと

勇気を出して提案すると

僕の誕生日は

1ヶ月前に終わりました

とのことで・・・


ガーーーン

そ、そうだったの?

全然知らなかった私は

ガックリ。



24才になってたんだね



それからは

今まで以上に

私の頭の中は

彼だらけの毎日になりました。


自分から

告ってみようかなって

思ったこともあったけど


でも当時は・・・

一般的な世の中の男性って

若い女性を好むものだって

自分で決めつけてたところがあったから。



フラれるに決まってるなら

このままずっと

親友のままでいたいって思いました。


そのためにも

2人だけで会うのは

もうやめよう・・・


そうも自分に誓いました。



もしも

「6才年上の壁」がなければ

私からもっと積極的になってたかな・・・



奥手な自分だけど

なってたかも

しれないな。



今からでも遅くないなら(笑)

私から積極的に

目一杯

堂々と

彼に愛を伝えていこう。







2018年01月03日

愛情のように増えたもの

食事中の会話は

電話より弾みました


彼はお酒が飲めない人なのでジュースで

私のワインに

つきあってくれました。



用意してくれたケーキも

持って帰らずに

お店を出たら

近くの公園で

一緒に食べることになり・・・

30代の門出は

彼のおかげで

おおいに盛り上がりました



思ってたより

重くて大きなケーキだったので(笑)

持ち帰るよりもいいかなって


ケーキ屋さんが

数時間は大丈夫なようにと

保冷剤と、

あと

ペーパーナプキンと、

可愛いロウソクとフォークも

セットで入れてくれてました


公園のベンチで

ささやかな2次会です。(笑)


食事のあとだったのに

あまりにも美味しいケーキだったので

2人でペロリ!



・・・この三十路の門出から

毎年毎年、

もちろん四十路の門出も

五十路の門出も

誕生日を欠かさずに

そして忘れずに

彼はお祝いしてくれてます


あのケーキ屋さんは

その後移転してしまったので

もう食べられなくて残念ですが


でもロウソクは

実は

今でも使わずに取ってあるんです。


子供たちの誕生日も

ロウソクってセットでついてくるので

我が家には

吹き消したあとの

色とりどりのロウソクが

どんどんたまってます。

捨てるのは

もったいないですし・・・


皆さんは

年々

愛情の証のようなこのロウソク(笑)

どうしてるんでしょう?



もし使い道や利用方法など

ロウソクに関する良い案がある方は

是非教えてくださいね。


お待ちしてます




このままだと

ずっと増え続ける私は

いつか・・・

80才ぐらいになったら

一気にケーキにさして使おうかなと。



白いケーキなら

焦げないかしらね・・・(笑)











2018年01月02日

これだけははっきり!

30才の誕生日当日は

残業もなくて

会社を出てすぐに

ドキドキしながら彼に電話しました。

私から電話をしたのは

これが初めてのことでした。



もう待ち合わせの駅にいます

・・・彼の弾んだ声。




はやっ



こういう

「人を待たせるよりも自分が待つ」ところは

昔から

今でも全然変わってない・・・



駅に着くと

初めて見るスーツ姿の彼を発見!


テニスコートや遊園地と違って

すごく紳士っぽく見えて

ストライクでした。(笑)



彼・・「仕事、お疲れ様でした
お腹すいてませんか?」


私は、お昼のお弁当は

緊張のせいで

あまり食べられなかったから

もうペッコペコって伝えて

近くのレストランで

早速ご馳走になることに・・・




・・・注文は彼に全部任せたので

何をご馳走になったのか

よく覚えてないんだけど

これだけは

はっきり


あの30才の誕生日に

大きなシチューポットパイっていうのを

私、生まれて初めて食べたんです(笑)


こんなお洒落な食べ物が

世の中にあるなんて・・・

彼の前で

ひったすら感動しながら食べてたら

「よ、喜んでもらえて良かったです。」って



今じゃ

コンビニでも売ってるみたいですもんね



食べ物1つとっても

時代の流れを感じてしまう50代・・・



日本って素晴らしい~。(笑)









2018年01月01日

今年初の幸せ

新年

明けまして

おめでとうございます


桂つ美です☆


今年は戌年なだけに

皆さんにとって

ワンダフルな年に

なりますように・・・ ワン



私にとっては

結婚後

2度目の戌年になります。


1度目の頃は

まだ結婚10年ぐらいで

自分も彼も若かったし

子供たちも幼かったな


12年なんて早いものだけど

しっかりと大きく

家族で成長するもんですね。(笑)



3度目の戌年は

私は60代になってるんだ。

もしかして孫とかいたりして・・・



昨夜

一緒にくっついて寝てた旦那さんは

夜中に楽しい夢をみてたようで

ハハハッて

一瞬笑ったんですよ



初夢でしょうか?(笑)


初笑いって

縁起が良さそうで

いいですよね


私も

ついつい

隣でフフフッて

ほっこりしてしまいました



起きてから

どんな夢だったの?って彼に聞いたら

覚えてないって・・・



愛する人の寝言が聞けることさえ

妻にとっては幸せなことなんです。(笑)



寝てる時まで

私をほっこりさせてくれるなんて

ほんと宇宙一な彼




こんな私ですが

今年も

どうぞよろしくお願いします ワン




2018・戌年・

桂つ美より☆







ka23i at 18:59|PermalinkComments(0)