2018年01月21日

行ってらっしゃい

今日は日曜日なのに

旦那さんは休日出勤。


朝早く・・・3時ぐらいかな

会社の夜勤の人からTELがあり。


くっついて寝てる私も

当然起こされた


眠くてもすぐにパソコンを開いて

対応する旦那さん。


結局彼も会社に行くことに

なりました。


私はすぐにサンドウィッチを作り

水筒と一緒に会社の鞄へ。


フルグラを食べて

歯磨きをしながら

椅子に座ってパソコンを見てる彼に

靴下を出してきて履かせてあげたら

喜んでくれて(笑)

2人でじゃれ合った


ついでに

パジャマも脱がして

ズボンも履かせてあげた


せっかくの休みの日の朝なのに

ドタバタだったけど

少しでも彼と戯れ合えたから

良かった。(笑)


夕飯前には帰るからって。

帰る時には電話するねって


了解!


気をつけて

行ってらっしゃい



早く帰ってこい









ka23i at 08:52|PermalinkComments(0)

2018年01月19日

結婚前より恋してる

結婚後の新居は

2人とも初めての土地だったので

一緒によく散策してました。


彼の通勤時間や路線優先で決めたので

私は

乗り換えだらけになってしまう今までの会社を

退職し

専業主婦デビューしました。


結婚当初は

彼の名字で呼ばれるのに慣れなくて

銀行や郵便局で呼ばれても

人ごとのように聞き流したこともあった

書類も

ついいつもの癖で

旧姓で書いて間違えたり・・・

何度も書き直してた。(笑)


八百屋のおじちゃんに

「奥さん」って呼ばれる度に

お、奥さんだって・・・なんて

いちいち照れちゃったりもして

いかにも怪しい新米主婦でした。(笑)


お揃いの結婚指輪の感触も心地良い。

今でもお互いに絶対はずしません。


本当に結ばれたんだなって

新しい生活の中で徐々に実感していくのが

当時の幸せ・・・


結婚前よりも強く

彼に恋し始めた頃でした。



愛妻弁当も

当初から1日も欠かさず作ってるので

歴25年弱になります。

蓋が壊れたりして

お弁当箱は3、4回変わってますが

今では

スープジャーも追加するほど(笑)

だいぶ上達してるんですよ


子供たちが小さかった頃は

早起きが面倒くさく感じたこともあったけど

今ではすっかり1つの趣味になってて(笑)

凄く楽しんでます

だから続いてるんでしょうね。

現在は

学生の子供たちのお弁当作りもあるので

朝食作りとも重なって

も~バタバタ


でも

それもまた私にとっては

幸せな忙しさなので

早起きも全然OK!耐えられます。


彼の65才の定年退職までは

あと20年弱か・・・



私もあと約20年、

70越えても(笑)

真面目に一生懸命働いてくれる彼のために

毎朝のお弁当作り、頑張るぞ~







2018年01月18日

長い過去を整理し限りある未来へ

喜びいっぱいだった

前記事の

彼からのプロポーズ



思い出すと

今でも

感極まるのはなぜだろう?(笑)



あの頃の人生は

過去より未来の方が長かったけど

50を過ぎた今は

過去のほうが長くなり

私の人生のほとんどが

彼だらけ・・・



この年になって

長い過去の出来事を整理しながら

自分の限りある未来を

今一度明るく思い描くのも

楽しいもんだと感じてます。




他の既婚者の皆さんも

それぞれが心に残る

素敵なプロポーズ体験をして

幸せを味わってきたんでしょうね



私の場合

結婚後のこの20数年間

いつも

今が一番幸せだ!って感じながら

ずっと来れたことが幸せです



30代、40代と

悔いの残らぬよう

いろんなことを経験して

やり遂げてきたからこそ

そう思えるのかも。

後悔のない50代で過ごせることが

今は幸せなんです



迷った時にも、困った時にも

いつも的確な判断をしてくれた

旦那さんのおかげなんですけどね



彼なしじゃ

もう生きられないわ、私・・・



彼は

私なしでも

強く生きていけるんだろなぁ。(笑)




60代、70代、80代・・・

彼との生活はあと30年?40年?


もしかしたら10年かもしれないし

20年かもしれないし。(笑)


いつ、何が起こるか

全くわからない世の中だもの


少しでも彼との時間を長く持ちたい。


幸せを感じられる未来のためにも

とにかく

夫婦揃って健康第一を心がけることが

今一番確かなことだな・・・











ka23i at 13:12|PermalinkComments(0)

2018年01月17日

私のアパートで

休日、

私が独り暮らししてたアパートでのデート後

いつものように

「気を付けて帰ってね、またね」って

見送りに玄関へ。



靴を履いて振り向いた彼に

抱きしめられた・・・



お互いに

どうしても

どうしても

離れられなくなったときが

ありました


ずっとこのまま・・・

帰りたくない、帰したくない・・・


彼の腰にまわした手を

思わずギュッとしました。


明日からまた休日まで会えない・・・

会社とか、彼のいない現実に戻るのが

凄く辛くて

このまま彼の腕の中で住みたいぐらいの

想いでした。(笑)




辛くて切ないお互いの気持ちを

確かめ合えたほどの

長くて熱いkissのあと・・・



おでこに当たってた唇から

「桂つ美さん、一緒に暮らそう」って

聞こえた。



彼の温かい腕の中で

大きく頷きました



凄く強く抱きしめられたから

く、く、苦しいよ、って・・・


彼「ごめんなさい



2人で笑いながら

一旦離れたけど

また痛いほどムギュって

抱きしめられた。(笑)





「結婚しよう



私にとっては

念願の

最初で最後の

プロポーズ。




「はい



不束な私ですが(笑)

どうぞよろしくお願いします。



声がふるえた。


いつも唐突なことを言う彼だけど(笑)

喜びもその分大きく感じるもの。


出会って3年ちょっと・・・

つきあって2年半ぐらいかな




私たちは

2人で住む部屋を探し

ささやかな式を挙げ

結婚しました











2018年01月16日

決め手

結婚を前提に

つきあってほしいって

彼から告白されたけど

もしも、やっぱり無理だな・・・

桂つ美さんとは合わないな・・・って思ったら

その時はいつでも正直に言ってねって

伝えてありました。(笑)


彼はアハハって笑いながら

はい。って



私だって

一目惚れから始まった恋なわけで

友人としては相性が良くても

深くつきあってみないとわかりあえないことが

いっぱいあった。


結婚するなら尚更

ただ好きな感情だけじゃなく

相手のいろんなことを

少しでも多く

結婚前に理解しておきたかった。



例えば

浪費癖はないかとか

子供好きかとか

暴言や暴力はないかとか

体の相性はとか

貧乏揺すりはしないかとか

浮気癖はないかとか

宗教はとか

変わった趣味はないかとか(笑)


もうね、モロモロ・・・



彼のほうは確認してたのかは

全然わからないけど

私のほうは

彼にいつもドキドキワクワクしながら

かなり多い項目をチェックしてた。(笑)



友人関係の時よりも

一緒にいる時間が増えたので

お互いに

お互いのことを

ありのまま伝えあえた

そんな恋人時代でした


私の厳しいような

甘いようなチェックを

つきあってく中で

彼は見事に全クリア。(笑)



もしも結婚するなら

絶対にこの人がいいって、

結ばれる日がほんとにくればいいなって

ずっと願ってた



結局

いろんなチェックよりも

1番の決め手になったのは・・・

「彼を幸せにしてあげたい、
この人ならきっと私を幸せにしてくれそう

っていう幻想的な憧れよりも


逆に

「この人と一緒なら

例えドン底の世界でも

生きて行けそう。

辛いこと、悲しいこと

どんな困難でも逃げずに

彼となら乗り越えていける

っていう現実的な感情が

強くもてたから。




一目惚れや

年上や

晩婚等を乗り越えての

その覚悟のような判断は(笑)

今でも

間違ってなかったと

確信しています