2018年02月06日

最期の夢

永遠の深い眠りにつく順番は

年の順がやっぱり理想です。


なので我が家では

一番年上である

私からになります。



それが一番幸せなことであり

結婚した時から

覚悟してることでもあります



6才年下の旦那さんに

看取られることが

私の最大の夢。


この先も変わることは

ありません。



もしも万が一

順番が狂い

彼に取り残されたりしたら・・・

彼無しでは

私は生きてはいけない


でも彼は私がいなくても

ちゃんとしっかり生きていける・・・


だから

私からの順番を

必ず守ってほしい。



年をとって

100才ぐらいになって

そろそろ心臓も

疲れちゃったかなって感じたとき

彼に傍にいてもらって

眠るのが理想です。




あなたのおかげで

とってもとっても幸せでしたと

お礼を伝えて

旦那さんに手を握られたまま

笑顔で眠りたい


胃腸系が弱くて心配な彼だけど

私よりも長生きしてもらって

看取ってほしい・・


それが

我が家で最初に逝く覚悟の私の

最期の夢です










ka23i at 12:29|PermalinkComments(2)

2018年02月05日

父性漲る中年男性は素敵

旦那さんは

少し猫背です


彼も

それを自分で自覚してますが

治らないみたい・・・


そのちょっとした猫背姿が

また彼らしくて似合ってるから

許せてしまうんですけどね



そして

猫舌です


せっかくホカホカの食事を用意しても

ずっとフーフーしてるので

いつも少し冷めてから食べてます


そのフーフーしてる姿も

アチッて食べてる彼も

やけに可愛いくて

くすぐられてしまいます


その代わり

アイスや、ざる蕎麦とか

冷たいものは得意のようで

ササッと、ペロッと

早く食べ終わる・・・


時々私に甘えてくるときも

猫っぽいかなあ


顔は

犬っぽいんだけどなぁ



そして

彼は

なんと言っても

招き猫ですかね



我が家にさまざまな幸せを招いてくれる

自慢の大黒柱です。



ちょっと頼りなく感じる時もあるけど

父親として子供を育てたり

管理職として

会社の若手社員を教育する姿勢は

決して猫背ではなく

ぴーーーーーんとしていて

家族や社員を守ろうとする強い意思も

真っすぐに伝わってくるところが

大好き。


人を一人前に育てられる男性は

子供たちや

部下や

女性社員の憧れの的であるのも

理解出来ます。

尊敬出来るし素晴らしい・・・



父性漲ってる男性って

すっごく素敵



40代後半から50代にかけて、

人を育てあげながら

己も成長していく、

そんな

バリバリ中年男性の

ダンディな魅力でしょうね



それに気づくのに

時間がかかったけど

長く一緒に生活してみたり、

子育ても通してみないと

わからなかったことだから

仕方ない・・・



今だからこそ

相手の良いところに気づくことも

あるんだな



なので、これからも楽しみです



今更でも、

ゆっくりでも、

ちゃ~んと

年齢や白髪と共に増す

彼の魅力を見逃さずに

成長していく過程に何度も恋しながら

永遠に一途に想い慕う私で

あり続けます











2018年02月04日

心と指

昨日のこと。


固いカボチャを切ってた時に

包丁が誤って滑ってしまい

うわっってなった瞬間

刃で右手の中指を

深く切ってしまいました


血が

どんどん出てきて

止まらなくて



その時

子供たちも

旦那さんも留守だったから

1人でもうアタフタ、アタフタ



専業主婦って

こういう時困るんですよね。


1人きりの時に

急に倒れるかもしれないし

転ぶかもしれない。


もしも動けなくなった時は

誰かが帰宅するまで

気付いてもらえないんだもん



慣れない左手で

焦りながら

絆創膏を巻いても、巻いても

血だらけで真っ赤に。



痛みも酷くなってきたけど

とりあえず流血を止めたくて

要らない厚めの布を

グルグル左手でまき

輪ゴムで止めた。




流石に

自分の失態に落ち込み

料理するのも

嫌になって

投げやり状態になりました。



そんな時に旦那さんが

重いお米を買って帰ってきてくれて


どうした大丈夫かって


その後の食事の用意や

洗い物や片付けまで

俺がやるから座っててって。



帰ってきた子供たちとも

手分けしてくれたから

すごく助かりました



絆創膏も

ちゃんと貼ってくれたり

包帯も出してきて

巻いてくれたりも。

でも

旦那さんも全然下手で

傷口じゃないところ

巻いたりしてて


なんでそこ巻きますのって

2人で思わず大笑い。



今回だけじゃなく

今までも何度もだけど

気弱になった時にこそ

彼の存在が大きく感じて

心強くも感じて

いつまでも、どんなときも

傍にいてほしいって願うように

なりました


いつも私を助けてくれて

ほんとありがとう




旦那さんだって

会社で疲れてるはずなのに

家のことまで

いろいろやらせちゃってごめんね。



心配もさせちゃったね




こんなドジでマヌケな嫁で

ほんとごめんなさい




心と

指が

ジンジン

痛い・・・















ka23i at 13:03|PermalinkComments(0)

2018年02月02日

気持ちいいひと時

昨夜、

旦那さんから

久しぶりに耳かきを頼まれたので

快諾。



膝枕してあげながら




彼、気持ちいいって・・・

眠くなるって




耳かきが気持ちいいのかな


それとも


膝枕が気持ちいいのかな




両耳から

ごっそり取れたから

私も

すっごくすっきり


やり応えがあって

気持ち良かったぁ



何気ないことでも

彼とならば

結局

何でもかんでも

幸せなんですけどね



夫婦だからこその

そんなひと時を

これからも存分に

楽しんでいこう




楽しまなくっちゃ




だもんね








ka23i at 10:37|PermalinkComments(2)

2018年02月01日

恋人繋ぎ、夫婦繋ぎ

「怖い夢をみたら

いつでも俺の手を握っていいから


布団の中で

旦那さんは

そう言ってくれます。



遠慮しないで

起こしていいからねって。



寝てるときまで

私のことを想ってくれてることが

嬉しいです



ありがとう。



でもやっぱり起こすと悪いから

できないんですけどね



怖い夢を見なくても

いつからか

毎夜ほとんど

彼と手を繋いだり

恋人繋ぎをして

眠るようになりました



思春期の子供たちの前や

ご近所では

恥ずかしくてできないけど

2人きりになると

今でも手を触れたくなる私たちです。



彼から繋いできてくれるほうが

ほとんどだけど

たまには私から繋いだり・・・



今は夫婦だから

「恋人繋ぎ」じゃなくて

「夫婦繋ぎ」ですね



なぜ「夫婦繋ぎ」じゃなくて

「恋人繋ぎ」なのかな・・・



きっと

結婚って

永遠の「恋人」っていう

証しだからかな・・・




お爺ちゃんお婆ちゃんになっても

繋いでいようね


繋いでいたいよ。





今日も

愛してる



本人には直接言えないけど・・・



愛してる









ka23i at 09:04|PermalinkComments(0)